注文住宅を建てる時のハウスメーカーの選び方

一生の買い物である自分の家づくりを失敗しない

人生最大の買い物を成功させる為に考えるべきこと

住宅を作る為に、このサイトをご覧になっていると思いますが、ハウスメーカー選びの上で、重要なのは「人」も同じです。 営業担当・事務・施工どれにも人が携わっており、まさにハウスメーカーの顔だからです。 ハウスメーカー選びの基本、接客や接遇について考えます。

各社特徴がある構造などから、自分に合うメーカーを選らぶ。

自分はどんな家を建てたいのかは、ある程度はっきりさせていると思います。 その中で、優先させるべき事項からどのような構造にするのかが、見えてくるはず。 自然災害等のことも考えながら、構造等の特徴をすこし述べたいと思います。 各社が得意とする工法等の角度から、失敗しない家づくりを考えます。

家づくりと関係ないようだが、親身になってくれる人を探そう

マイホームの建築・施工・購入は、人生で最大のイベントではないでしょうか。
その際、どのような会社に依頼すれば高い満足度が得られるのでしょう。

今回、このサイトを作成するにあたり、様々な角度から住宅を手に入れる時のポイントを考えました。
会社選びのコツの前に、先ず施主様にして頂きたいのは、
1 どのような家に住みたいのか
2 施工するに当たり、大切な順番はなにか(コストか、間取りか、外観か等)
3 どこに建てたいのか(場所は耐震性の選択にも影響あり)
など、おおよその構造はあらかじめ決めた上で、ハウスメーカーの選択に入るべきだと思います。
漠然とマイホームを建てる方はほとんどいらっしゃらないでしょうが、優先順位程度はきちんと描いていないと、メーカーとの折衝も上手くいきません。

次に、インターネット等を駆使して、気になるハウスメーカーの資料は取り寄せて、ある程度自分で研究しておくことも必要です。
対応してくれる各社の担当さんは、ある程度知識をもって話をすると、多少緊張感をもって接してくださるでしょうし、営業トーク等で丸め込まれるとこもないでしょう。
私ごとで恐縮ですが、たかがガスコンロ1台購入する際にも、このように各社の製品や性能などある程度知識をもって販売員さんと接したとき、破格の値段交渉に持ち込み、大変お得な買い物をしたことがあります。

今回は、このような内容を踏まえたうえで更に考えるべきポイントをいくつか提示してみたいと思います。
今回のポイントを押さえて、各社研究をし、また実際に住宅展示場や各店舗を訪ねることで、ご自分のマイホーム取得に一番最良のパートナーであるハウスメーカーを選ぶことができるお手伝いしたいと思います。

建てて終わりじゃない!安心して住み続ける重要性

ご自分の夢の城を、格安で手に入れることができたら、それは大変ラッキーなこと。 しかし、形あるのものはいずれ崩れるし、壊れます。 大手ハウスメーカーには、保障年数等がありますが、これをどのように考えるか? トータルランニングコストを視野に入れると、最終的に住宅建築に必要なことが見えてくると思います。

おすすめリンク

TOPへ戻る