一生の買い物である自分の家づくりを失敗しない

人生最大の買い物を成功させる為に考えるべきこと

押しの強さはあり?なし?

力強い説明とテキパキとした対応は、どっちつかずの迷いが多い購入場面では、ありがたい店員さんかもしれません。
しかし、これが何千万円から何億円という買い物をする場合は、どうでしょうか?

よい接遇とは、相手の思いに寄り添って、相手のペースに合わせて対応すること。
確かに、決算期等の時期には各社キャンペーンを打ち出していることもあり、契約等を急ぐ方が、お得な購入を可能にします。
そのことのみを前面に、かつ積極的に説明してくる営業マン(引いてはその会社の社風)は、本当に私たち施工主のことを考えてくれているのでしょうか?

予測ですが、このような社員が大勢いるハウスメーカーの社風は、営業成績至上主義が強いように思います。
私たちが、本当に求めているものは「マイホーム」という建物ではありますが、それ以上にその空間でどう過ごしたいかという思いです。
時間をかけて自分たちの話を聞いてくれる営業マンこそ、真の味方では?

説明力は重要ポイント

建築家なら別ですが、素人が自宅等の設計を考える時、必要な情報をインターネット等で仕入れることはするでしょう。
しかし、その事を全て理解できるでしょうか?
ハウスメーカー来訪時、担当者へネットで仕入れた知識の説明を求めることでしょう。
自分たちの希望を伝えた時、専門用語ばかりを並べられた、いかがですか?

先ず、専門用語ばかりを並べて説明する方は、その意味を本当に理解していないか、もしくは、知識をひけらかしたいだけかの可能性が高いと思われます。
どちらの場合も、今後自分たちの得たい情報を、分かりやすく説明することは出来ない為、納得のいく施工は難しくなるでしょう。

説明力から見えることは、その方の真の知識力と相手の理解力を分析できる人物かどうかという事。
最終的には、自分たちの大切な住宅への思いを中心に、自分たちに寄り添った誠意のこもった対応をしてくれるかどうかの見極めをすることができます。




TOPへ戻る