一生の買い物である自分の家づくりを失敗しない

各社特徴がある構造などから、自分に合うメーカーを選らぶ。

鉄骨造と木造からみえること

鉄で造るか?木で造るか?大きく分けて、そこから始まります。

最近は地震が頻発している為、長く強い家づくりは条件に挙げられるのではないでしょうか。
地震に強いのは、あえて言うなら鉄骨を基本とした家づくりのほうです。
最近は木造も、筋交、柱、梁等を非常によく計算し、耐震性に優れた建築を行うものが増えていますが、木材の種類や状態によって最終的に計算ができません。
しかし、鉄骨はある程度正確に、使用する鉄骨から強度計算ができるため、耐震性を一番に考えるのであれば、鉄骨つくりがよいようです。

では、木造にはメリットがないのでしょうか?
木造のメリットは、鉄骨造に比べて比較的ローコストで施工が可能な事。
先ほども述べましたが、木造でも耐震性を十分に備えたものもありますので、建築予定地が、あまり地震の頻発地区ではなく、価格重視の方は木造を検討してよいのではないでしょうか。

工法などで間取りに差が出る。

鉄骨でも木造でも、軸組工法といわれる昔ながらの、柱、梁、斜めの筋交い建築するものは、比較的間取りが自由になりやすい様子。
鉄骨軸組の方が、木造よりも、更に柱と梁の間が大きく取れるため、より間取りがフリーにできます。
この工法は、壁なども移動させやすい為(何故なら、柱と梁、筋交いが家の骨組みだから)、将来さらに間取りの変更を考えている方には、第一選択となる工法かもしれません。

よく聞くツーバイフォー工法は、縦横が2インチと4インチの角材と板との組み合わせで出来るもの。
筋交いや梁というより、柱と壁で建物を支えていくため、強度の保持や構造上、窓の位置や大きさはもちろん、壁を移動すると建物が維持できない可能性がある為、間取りの自由な設計は難しいでしょう。

その他、木質性ユニット等の工法がありますが、各社得意の工法があると思います。
未来も見据えた工法を選らび、得意ハウスメーカーをお選びになると良いでしょう。


TOPへ戻る