一生の買い物である自分の家づくりを失敗しない

建てて終わりじゃない!安心して住み続ける重要性

ハウスメーカーで安心の長期保証制度

一般施工会社とハウスメーカーの違いは、この長期保証制度にあるのではないでしょうか。
法律で、施工から10年間はどの新築住宅にも保障期間は設けてありますが、大手ハウスメーカーは各社で違いこそあれ、長期保証制度が設けられています。
勿論、ほとんど共通して言えるのは、各社で定める定期メンテナンスや点検を確実に受け、その上での長期保証制度の適応となります。

例えば積水ハウスを見てみると、10年目での無償点検及び有償補修を行えば、20年までの長期保証が可能となり、更に20年目の有償点検と補修を行えば、10年毎に保障期間が延長されます。
この点検の有償や無償、また延長期間がどれほどあるのかは各社で違いがある為、自ら確認する必要があります。

この有償点検システムを、高額か妥当な価格か考えるのは、施主様の価値観に頼るところが大きいですが、ランニングコストを考えるとどうしたら将来安価なのか?見えてくると思います。

住宅メーカーの長期優良住宅はお得かも

もう一つ住宅メーカーで施工してお得なものは、長期優良住宅を選択すること。主に税金関係で優遇されることが多いのです。

長期優良住宅とは、耐久性、耐震性、省エネ性などで一定の基準をクリアした建物で、それを購入することで様々お得なことがありあす。
所得税減税は、控除額が一般住宅取得時より100万円も違いますし、適応控除率も0.2パーセント違います。
不動産取得税も100万円程、控除上限額に違いがありますし、固定資産税の2分の1控除期間も一般住宅と比べて、2年も長くなっています。

確かに長期優良住宅は、多方面で優れている建物だからこのような特典が受けられるため、施工費用は少々お高いのかもしれません。
しかし、減税額と快適性などトータルに考えた場合、どちらがよりお得感があるのか、検討してみることをお勧めします。




TOPへ戻る